シアリスやレビトラでかつての元気を取り戻す!

メンズ

手術に関するいろいろ

ドクター

男性特有のコンプレックスの1つに、「包茎」があります。包茎とは、陰茎が皮を被っている状態のことを言います。仮性包茎や真性包茎、カントン包茎などの種類があり、種類によって見た目も特徴も違ってきます。真性包茎やカントン包茎は、亀頭を全部露出できないタイプであるため、不潔な状態になりやすい傾向にあります。そのため性病に感染する確率も自然と高くなってしまいます。包茎は病気ではありませんが、手術をするに越したことはありません。前述したように、不衛生な状態にあり、何より性病のような病気にかかる恐れがあるからです。

包茎手術を受けに行く前に、包茎手術がどのような手術なのか把握しておきましょう。性器の大きさや色、そして包茎の状態などは人によって大きく違ってきます。そのため、包茎手術を行なう前に性器の長さや皮膚(皮)の厚みをチェックし、理想の仕上がりイメージを医師と慎重に考えていきます。理想のイメージが出来上がったら、いよいよ包茎手術開始です。包茎手術は文字通り「手術」となるのでメスが用いられますが、手術後の傷跡は手術を受けたことがほとんど分からないほど自然な状態となります。包茎手術が受けられる専門病院の公式サイトには、実際に手術を受けた男性患者の声が掲載されていることがあります。これらをいくつか見れば、手術がどのような感じで行なわれるのか、そして手術を終えた後性器がどのような状態になるのかが簡単に把握できます。気になる人は一度チェックしてみるとよいでしょう。